スポンサーサイト

  • 2016.09.03 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    やってみるかな

    • 2006.12.21 Thursday
    • 02:19
    Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
    Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
    田口 元,安藤 幸央,平林 純,角 征典,和田 卓人,金子 順,角谷 信太郎

    最近通勤時間にGTD関連のムックを読んでまして
    『気になることすべてと紙に書き出す→タスク別に分類、実践、再びレビュー』
    これが実践できるとかなりストレスから解放されるらしいです。
    ムック的には仕事術系の内容ですが、基本は公私ともに活用できるものだし、結構いいんじゃないかと思ったりします。GTDがわりと丁寧に解説されている印象でした。
    問題は継続して実践できるだけの意志力がボクにあるかどうかなんですが…ちょっと自信が無い。。。

    1年くらい前に買ったものでしたが、結構よかったです。

    栄養バランス満点カラフルお弁当

    • 2006.11.24 Friday
    • 11:53
    20061124_303184.jpg

    【栄養バランス満点カラフルお弁当】
    弁当づくり頑張ってるみたいだからと、レシピ本をプレゼントしてもらいました。
    これ、おかず作りのコツや副菜が緑、黄、赤、白、茶と色分けして作り方が掲載されてたりして大変便利な本です。
    あと、いろんなお弁当の写真が載ってるので参考になりますよ。
    よい本をいただきました!
    もう後にはひけないようですねw
    自分でも他のお弁当レシピ本買いそうな気配です。

    【栄養バランス満点カラフルお弁当】

    カメラもの

    • 2006.07.02 Sunday
    • 22:06
    中古カメラの愉しみ―金属人類学入門
    中古カメラの愉しみ―金属人類学入門
    赤瀬川 原平

    最近は投資関係の書籍を読むことが多かったのでちょっと違うものを読みたくて手に入れた本です。
    原平さんの中古カメラ熱が伝わってくる微笑ましいエッセイです。
    徐々に万年筆に傾倒していく流れもわかる。
    一話一話がとても短いので区切ってチョコチョコ読んでいくにはいいんじゃないでしょうか?
    早い人なら半日〜1日で読み終わるくらいのボリュームです。
    散歩に持っていくのに手ごろだと思います。
    休みのあいだ部屋でゴロゴロしながら読み終えました。

    イクイク

    • 2005.11.11 Friday
    • 17:37
    二桁のかけ算 一九一九(イクイク)
    二桁のかけ算 一九一九(イクイク)
    かえるさんとガビンさん, ロビン西

    最近気になっている本のうちの一冊です。

    ~IT大国インドでは当たり前、韓国でも大ブーム、それが二桁かけ算。
    え? 英米は12×12、ドイツは20×10まで覚えるの?
    日本の常識は世界の非常識。
    ならばいっそ九九拡大だ。
    日本初の二桁かけ算の本、ここに堂々イクイク(一九一九)!
    生活の中で2桁の掛け算が必要になることって結構あったりしますよね。
    その度にボクは筆算したり、ケータイの電卓機能を使ったり…
    概算でいいから目安になる値がとりたくなるので、こんな本でちょっとしたスキルアップもいいかもと思ったりしたんですよね。

    脳トレが流行っている今日らしい書籍かな?w

    今日届いた本

    • 2005.05.03 Tuesday
    • 18:19
    勉強や資料用に注文しておいた本がamazonから届いた。


    地域通貨を知ろう/著・西部忠

    進化経済学のフロンティア/編著・西部忠/井庭崇/鈴木健・井上智洋/その他

    知的生産の技術/著・梅棹忠夫

    アイデアのつくり方/著・ジェームス・W・ヤング/訳・今井茂雄/解説・竹内均


    ディアブロII 公式ガイド

    ディアブロII ロード・オブ・デストラクション


    読む時間あるかなぁ…

    寺山修二青春歌集

    • 2005.04.02 Saturday
    • 22:30
    30年を経てボクの手にあるこの本のカバーには

    S.50.4.2, miko
    一歩前進するために


    と書かれている。
    もうすっかり擦れて薄くなったその青いインクには
    どんな想い出が詰まっているんだろう。

    高円寺の女 〜ナツコのつぶやき〜

    • 2005.02.25 Friday
    • 15:56
    あたしナツコ。高円寺の女
    あたしナツコ。高円寺の女
    いざまん


    いざまんさんがgooブログで展開中の『高円寺の女』が書籍化されました。
    ボクもファンの一人として応援しています。

    「あたしナツコ。」と呟く高円寺の女と表裏一体のいざまんさんはタダモノではない!
    そう思います。

    関心のあるかたは書店へ急げ!


    【高円寺の女】(gooブログ)

    『高円寺の女』をアマゾンで購入

    ご当地マンガを

    • 2005.02.13 Sunday
    • 21:40
    今日は引越しの後片付けの合間に西荻窪駅周辺へ買い物へ出かけました。
    目的はやまだないとの『西荻夫婦』と『西荻カメラ』というご当地マンガを探すためです。

    本屋さんを何件かハシゴして見つけましたよ。

    【西荻夫婦】
    西荻窪に住むナイトー夫婦をどちらかといえば、奥さんのミーちゃん視点で夫婦の関係を描いたマンガ。
    ミーちゃんの「いつも終わり」をイメージする癖、良く分かるんですよね。
    自分らしく生きる「後ろ暗さ」とか。

    【西荻カメラ】
    これは北尾トロ(杉並北尾堂のご主人)とやまだないとが共同で制作したマンガで、一般の流通にはのっていない、いわゆる“自費出版”の類の本だと思われます。
    こちらはナイトーくん視点で西荻ライフを語ったマンガエッセイ的な内容で、枕元に置いておいて眠れない時に眺めたい感じがします。
    冒頭からナイトーくんと波長が合ってしまって、西荻カメラは、いま最強にお気に入りの一冊です。

    「やまだ・ないとスペシャルインタビュー 北尾堂と二人三脚、演歌の心でお届けする『西荻カメラ』(1/5)」 スペシャルインタビュー | Excite : エキサイト ブックス

    〜〜〜〜〜〜〜

    どちらのマンガも透明感があってどことなく寂しさと居心地のよさが混じったテイストがいいなあ、と思ってます。

    【西荻夫婦】をamazonで購入
    【西荻カメラ】を杉並北尾堂-通販で購入

    共有のデザインを考える/スタジオ・トークセッション記録

    • 2004.09.11 Saturday
    • 20:40
    共有のデザインを考えるせんだいメディアテークで2002年5月から2003年3月にかけて行われた、スタジオ・トークセッションが一つに纏められ電子書籍化され配布されています。
    オンデマンド出版も行っており、希望部数を有償で発行してもらうことも可能です。

    『このトークセッションがテーマにしたのは、立場や考え方の違う人々が集まって場を共有したり、いっしょになにかをを作り上げていくやりかたについてでした。コーディネーターの渡辺保史氏を聞き手に、西村佳哲氏、杉浦裕樹氏、前田邦宏氏、森川千鶴氏、辻信一氏らをゲストに迎える各セッションは、それぞれの活動に裏打ちされた、具体的で楽しい知恵やアイディアがあふれています。』

    以下は記録書の見出しです。ピンとくるキーワードがあったら一度目を通してみてもよいのではと思います。
    • まえがき

    • CHAPTER 1.人が生き生きとする場所のデザイン

    • CHAPTER 2.コミュニティという『現場』のデザイン

    • CHAPTER 3.『つながり』を見えるようにする共有のデザイン

    • CHAPTER 4.人と人をつなぐ仕事のデザイン

    • CHAPTER 5.スロープレイス、スローコミュニケーション

    • CHAPTER 6.スクエア・トークセッション メディアテークをre-designせよ 共有のデザイン100のアイデア

    • スタジオ・トークセッションを振り返って -参加者より-

    • 「共有の空間で考える共有のデザイン」

    • 「しあわせなひとびと」

    • 「Topologyの空間>cofin(community of intereste)【コフィン】」

    • 「関心空間」キーワード一覧

    • あとがき

    【せんだいメディアテーク】
    【「共有のデザインを考える/スタジオ・トークセッション記録」オンデマンド出版/PDF配信 】
    【◎メディアアシストオンデマンド出版サービス第一弾】

    溺レる

    • 2004.08.06 Friday
    • 06:14
    溺レる
    溺レる / 川上 弘美
    透明感溢れる文体で描かれる不思議な恋愛短編集。
    ボサノバなんか聴きながら読むとまたオツなんです。



    川上弘美の作品に最初に出会ったのはいつかの正月だったか、どこぞの新聞に掲載された短編作品だったと思います。
    どこなく清涼感のある文体は昼下がりにごろ寝しながらまったり読むのに適している。
    そう思えました。
    またどの作品も不思議な感覚と心地よさが感じられるのが特徴でしょうか。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    Last.fm

    Flickr

    www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from cubector. Make your own badge here.

    MyMiniCity

    Twitter

    TrackFeed

    track feed cubector 出張版

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM